自衛隊の食事って美味しいの?

自衛隊の隊員食堂や食事(ミリメシ)に関するコンテンツを掲載。そのほか電子書籍に関する話題など。廣川ヒロト公式。

海上自衛隊の食事

おやしお型潜水艦いそしおでの食事体験

投稿日:2014年8月2日 更新日:

自衛隊の食事の予算は部隊によって異なる

 自衛隊の食事の予算ですが、部隊によって違います。
 全自衛隊のなかで、予算が最も多いのは潜水艦です。
 潜水艦の食事に予算が多く充てられているのは、潜水艦の乗員は作戦期間中、狭い空間にずっと閉じ込められていてストレスが溜まるから、といわれています。
 美味しい食事を食べてストレスを発散しよう、ということなのでしょう。

潜水艦の食事の1日の予算はお幾ら?

 肝心の予算ですが……実はそれほど高くはありません。
 最も予算が充てられている、というのは間違いではありませんが、ほかと大きな差はありません。

海上自衛隊における基本食定額

陸上部隊 870円
艦艇乗込員 1025円
潜水艦乗組員 1073円
※価格は1日ひとりあたり。
※平成26年4月1日の情報

 ちなみに1日あたりの熱量は、一般隊員で3300キロカロリーです。

潜水艦の食堂(いそしお)

潜水艦の食堂
 潜水艦いそしおの食堂には、6名がけのテーブルがふたつ、4名がけのテーブルがひとつあり、1度に16名の隊員の食事ができます。
 椅子の下には、玉葱やジャガイモが貯蔵されていて、デッドスペースが有効活用されています。
 潜水艦の食堂には、湯沸かしポットや、電子レンジ、小さいながらも冷蔵庫も備えてあります。
 また、液晶テレビにDVDプレーヤーもあって、娯楽室的な使い方もされるようです。

潜水艦のお昼ご飯

潜水艦のごはん(いそしお)
 潜水艦のランチの内容は次の通り。
――――――――
・ごはん
・若布スープ
・鶏肉の揚げ漬け
・レタス
・南瓜と挽肉の豆板醤炒め
・明太子ビーフン
・オクラ納豆
・しば漬け
――――――――
潜水艦のご飯(いそしお)

潜水艦のご飯の味は……?

 鶏肉の揚げ漬けは大変美味でした。
 味は甘辛いです。
 単なる鶏のから揚げではなく、焼き鳥のタレ、もしくは照り焼きのタレをくぐらせたものでしょう。
 甘さは、白砂糖に中双糖などの別の甘味料を混ぜた味わいでした。
 鶏肉の揚げ漬けはごはんのおかずとしては、これ以上ないというほどに合うと思います。

「自衛隊のごはん 海上自衛隊編」の特設ページは以下のバナーからお入りください。
自衛隊のごはん紹介ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-海上自衛隊の食事

Copyright© 自衛隊の食事って美味しいの? , 2017 AllRights Reserved.