自衛隊の食事って美味しいの?

自衛隊の隊員食堂や食事に関するコンテンツを掲載。そのほか電子書籍に関する話題など。廣川ヒロト公式。

PR

電子書籍関連

自炊する本を選ぶ自分なりの基準

投稿日:2015年6月22日 更新日:

電子書籍にするために本を裁断

人生で初の自炊(本の)を経験する

 1ヶ月ほど前、人生初めての本の自炊を経験しました。
 それについては以下のエントリーをご覧ください。
本の自炊に挑戦してみる。1日で何冊の自炊が可能か

2日間で215冊を自炊

 2日間で、215冊ほど自炊しました。
 自炊した本は、数えてみたら、持っている本全体の四分の一ほどでした。
 2日間で、215冊の本を自炊したときは、ずいぶんスッキリした、と思ったんですが、結局のところ本棚が4つあって、1つしか空いてないという……。
 ま、本棚のひとつが空になったのは結構開放感はありました。
 基本的に紙の本は、もう買わないつもりですから、本が減ることはあっても増えることはないでしょう。

自炊するときの基準

 それはよいとして、1000冊近くの中から今回215冊を選んだのですが、自分なりの基準がありました。
 それは、シンプルに、読み返すかどうか。
 読み返さないと思う本が大半だった、ということです。
 それならいっそのこと、残りの本は処分したらいいんじゃない? とも思います。
 そのほうが部屋が片付いていいでしょう。

自炊した本を読み返す?

 けど、捨てるぐらいなら、自炊したほうがいいのでは、という気持ちもあります。
 ネット上では、自炊するだけして、読み返す人は少ない、みたいな意見もありましたが、一理あるでしょう。
 本をただ捨てるのはもったいない。
 じゃあ自炊しよう。
 けど、いざ自炊しても読み返さない。――ということになるのかなと。

本の自炊は面倒

 あと、簡単に自炊ができればいいのですけど、結構面倒です。
 パソコンに取り込むのは楽だけど、本の分解と断裁は力を使うし、10冊程度なら苦になりませんが、1日に100冊を分解、断裁するのは骨が折れる作業です。
 それを考えると、読み返さない(と思う)本をわざわざ自炊しなくてもいいんじゃない? と思うわけです。
 ……となると、本が処分できないから、部屋が一向に片付かない、ということになります。
 じゃあやっぱり自炊したほうがいい――というふうに堂々巡りになります。
 読み返すかどうかは別として、持っている本のすべてを自炊すれば、このような悩みは解消するに違いありません。

 ちなみに、215冊分のデジタルデータの容量は、3.15GBでした。
 スマホに入れて持ち歩けるレベルです。
 1000冊でも16GBぐらいです。

 1度自炊すれば、もう2度と自炊の必要がない、と考えると、やってみてもいいのかな、と思いますが……800冊の本を自炊するのは……。
 気が遠くなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-電子書籍関連

Copyright© 自衛隊の食事って美味しいの? , 2018 AllRights Reserved.