自衛隊の食事って美味しいの?

自衛隊の隊員食堂や食事に関するコンテンツを掲載。そのほか電子書籍に関する話題など。廣川ヒロト公式。

PR

自衛隊イベント関連

訓練支援艦てんりゅうの艦内見学

投稿日:2014年11月20日 更新日:

訓練支援艦とは

 呉地方隊の取材最終日の午後、時間があいたので、訓練支援艦てんりゅうの艦内見学を調整していただきました。
 訓練支援艦は文字通り、他の艦船の訓練を支援する艦船です。
 てんりゅうの起工は1998年(平成10年)6月で、就役は2000年3月。
 排水量は2450トンで、全長は106メートル、最大幅は16.5メートル。乗員は140名ほど。
 艦名は天竜峡からつけられ、旧海軍のスループ(帆船)「天龍」、軽巡洋艦「天龍」に続いて、日本の艦艇としては3代目になります。

てんりゅうの搭乗タラップ

てんりゅうの搭乗タラップ
 出迎えてくれたのは、広報係士官のA2尉です。
 書籍には名前を書いていますが、ウェブでは仮名ということで。

てんりゅうの前甲板

てんりゅう前甲板
 A2尉は、とても気さくなかたでユーモアたっぷりの人です。
 C幹部(上級曹から幹部になった隊員)。
 以前は、護衛艦あけぼのに乗っていたとのこと。

てんりゅうの格納庫。高速標的機ファイアビー

高速標的機ファイアビー
 格納庫に移動して、高速標的機BQM-34AJ改「ファイアー・ビー」を見学しました。
 てんりゅうの任務ですが、訓練の際にこの標的機を射出することです。
 他の護衛艦がファイアビーめがけてミサイルを発射するわけです。
 訓練支援艦の名前の由来です。
 このファイアビーは、標的を曳航するのだと思っていましたがA2尉によると、ファイアビー自体が標的とのことでした。
「ミサイルが当たったら壊れますよね?」ときくと「模擬弾なので爆発はしないので、ファイアビーが壊れることはないです」

てんりゅう艦内

てんりゅう艦内
 続いて、艦内を移動して、科員食堂へと向かいます。

てんりゅうの科員食堂

てんりゅうの科員食堂
 てんりゅうの食堂は、こんごうと比べると、規模は小さかったです。
 てんりゅうの艦内にもジュースの自販機がありましたが、アイスクリームは販売していないです(こんごうはジュースの自販機とアイスも販売していました)。
 排水量の関係でしょうか、若干揺れを感じました。
 A2尉にお願いして、てんりゅうの食事の画像をいただきました。
 以下のエントリーをご覧ください。
訓練支援艦てんりゅうの朝昼晩の食事メニュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-自衛隊イベント関連

Copyright© 自衛隊の食事って美味しいの? , 2019 AllRights Reserved.