自衛隊の食事って美味しいの?

自衛隊の隊員食堂や食事(ミリメシ)に関するコンテンツを掲載。そのほか電子書籍に関する話題など。廣川ヒロト公式。

航空自衛隊の食事

航空自衛隊の警備犬(芦屋基地)

投稿日:2014年4月13日 更新日:

航空自衛隊の警備犬

 航空自衛隊は基地警備のために警備犬を運用しています。
 警備犬の導入は昭和36年です。
 歩哨犬ともいうらしいですが正式には「警備犬」とのことでした。
航空自衛隊の警備犬の犬舎
 新しい建物です。 

芦屋基地の警備犬のボス犬

航空自衛隊の警備犬
 ボス犬の名前はハローといいます。
 正式な名前は「ハルオ・オブ・ジーピースズカ」というらしいです。
 犬は入札で購入するらしいので、名前を付けたのはブリーダーのひとでしょうか。

芦屋基地の警備犬の紅一点シェリー

航空自衛他の警備犬、歩哨犬
 こちらは雌犬です。
 穏やかな顔つきをしています。
 避妊手術済み。
 雄は去勢はしないと聞きました。

航空自衛隊のハンドラーの訓練は入間基地で行われる

 ハンドラーの訓練は入間基地で行われるそうです。
 訓練が終わったら各地の基地に赴いて任務につきます。
 新米ハンドラーは、警備犬の特性や歴史などから学んで、警備犬を生かすも殺すも訓練士次第、ということを教わり、実際に犬を扱っての訓練に入るそうです。
 最初は、犬も全く命令をきかないとのこと。
 犬の訓練は、各基地に戻ってから実施するそうです。
 警備犬のそれぞれの性格に合わせて、襲撃、足跡追跡、物品選別などの技術を習得させていくみたいです。

警備犬のお墓

警備犬のお墓
 航空自衛隊では、老犬となって任務に上番できなくなった警備犬もちゃんと世話をして最期まで看取るそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-航空自衛隊の食事

Copyright© 自衛隊の食事って美味しいの? , 2017 AllRights Reserved.